年上ボトムヒーローvs年下トップヒール (体験版)

Cover


【まえがき】


※[ご注意ください]



【あらすじ】


 うだつのあがらないプロレス団体に、かつて無い有望株が入団面接に来た。

 見た目も身体も申し分無し、しかも、俺のことを『憧れ』とか言ってくれる。

 即合格出したら、本当にうちに来てくれた。


 短い練習期間でデビューにまで漕ぎ着けて、そこからもトントン拍子。

 俺は正直、可愛いって思っていたんだけど、目つきの鋭さからヒールに決まっちゃって、俺とは敵対する役柄になっちまった。


 初対戦でちょっとしたアクシデントが起こっちゃって、試合自体はなんとか盛り上げる方向で決着付けられたのだけど、あいつ、根が良い子だからさぁ。

 泣きながら詫びてくる彼を宥めてやっていたら、うっかり彼の勃起に触れちゃって。

 試合で興奮したのかと思ったら、俺に欲情していたみたいで、『憧れだけじゃない』って、そう言われたんだ。


【主な登場人物】




【目次】


表紙

まえがき

あらすじ

主な登場人物

第1章 期待の新人

第2章 流血アクシデント

第3章 泣きながら欲情する奴

第4章 試合後の場外乱闘

第5章 真のヒールが顔を出す

第6章 やっぱり可愛い年下

奥付

第1章 期待の新人

 紛れも無く良い子だったんだよ。

 なんで、わざわざうちの団体なんかに入団希望して来たんだろうか? って、不思議に思ったくらいさ。


 派手さがあるわけではなかったけど、プロレスラーという観点で見れば全く非の打ち所が無い美形だった。

 あ、美形って表現はおかしいかもしれないがな。

 身体が大きくて、でも、俊敏性を損なうほど大きくはなくて、体型も良い感じのマッチョ逆三角形+脂肪で格闘家の理想形。肉感も迫力も十分にある。整った顔しているんだけど、ちょっと挑戦的な目つきをしているんだ。

 鋭く睨み付けるような目、って言うのかな。

 これがもうちょい甘いマスクだったら、正統派のヒーロー役として期待ができそうだとも思うのだけど、この目つきならヒール(悪役)かなぁ?

 あ、俺んとこではベビーフェイスとは言わないんだ。ベビーフェイスと言えるような顔を持つ奴が居なかったりするもんだからさぁ。だから、ヒーローって言葉を使っている。ヒールとの対比でね。

 話を戻すと、目つきではヒール確定なんだけど、話している声質が凄く優しいんだよなぁ。温和なんだよ。紛れも無く良い子。

 俺のことを『憧れ』とか言ってくれちゃったりしてさぁ、社交辞令でも、面接時のみの特別仕様だとしても、悪い気はしないよ。

 これ、俺、個人的かつ特定の出会いだったら、手ぇ出しちゃうね、確実に。


 逸材であることは間違い無いところなんだけど、なんか、これ、内定出しても、他受かっちゃって、うち蹴られちゃうんじゃないかな、って気もしたんだ。

 けど、うちからしたら、喉から手が出るほど欲しい人材であることには変わりはないので、即合格判定を出したんだ。


「うちの団体でも良ければ、すぐにでも来てください」

「い、良いんですか? 本当に? あ、ありがとうございます!」

 あれ? 嬉しそうにほころんだ顔は普通に甘いマスクで、目つきの悪さなんてどこにもなかった。もしかして、緊張してたのか、あるいは、頑張って顔作ってたのかな?

 あ、それとも、見る角度にも拠るのかな? 少し下の方から見上げる感じで見ると、目つきの悪さは全く伺えない。

 目力は相変わらずで、活力にみなぎっていることが良く伝わってくる良い目だ。

 眉も眉間も含め額の頭蓋骨が目のすぐ上から結構はっきりと出っ張っているもんだから、見る角度によっては必要以上に目の輪郭がキツい角度にトリミングされて、睨んでいるような目つきに見えてしまうだけなのかもしれない。

 別の言い方をすると、単に彫りが深いだけなんだろうね。強い目力と深い彫りで厳しい目つきに見えがち、と。いや、でも、目の下側は別に普通なので彫りが深いってのとはちょっと違うか。


 いずれにしても、これは、思った以上かも。

 基本ハンサムだし、普段はキツくて鋭い、近寄り難い目つきなのに、たまにこうして見せてくれる綻んだ顔はやけにキュートだ。

 人気出るよ、彼。

 俺だって、キュンってきちゃったもん。合格判定出す前よりも、もっと好きになっちゃったもん。

 とはいえ、彼が来てくれることになったとしても、仕事仲間以上の間柄には成れないんだろうなぁ。

 なにしろ、俺、彼にとっては『憧れ』だって話だからな。

 距離縮めにくいよな。ゲスいこと言っちゃうと、できることなら彼とは即ヤリできる環境で会いたかったよ。


(こちらは体験版です)

第2章 流血アクシデント


(こちらは体験版です)

第3章 泣きながら欲情する奴


(こちらは体験版です)

第4章 試合後の場外乱闘


(こちらは体験版です)

第5章 真のヒールが顔を出す


(こちらは体験版です)

第6章 やっぱり可愛い年下


(こちらは体験版です)


Circle Banner


年上ボトムヒーローvs年下トップヒール


OpusNo.Novel-037
ReleaseDate2016-08-20
CopyRight ©山牧田 湧進
& Author(Yamakida Yuushin)
CircleGradual Improvement
URLgi.dodoit.info


個人で楽しんでいただく作品です。

個人の使用範疇を超える無断転載やコピー、
共有、アップロード等はしないでください。

(こちらは体験版です)

以下のリンクからこの作品を公開している各サイトに直接移動することができます。

年上ボトムヒーロー vs 年下トップヒール - BOOTH


年上ボトムヒーロー vs 年下トップヒール - DiGiket.com


年上ボトムヒーロー vs 年下トップヒール - DLsite


年上ボトムヒーロー vs 年下トップヒール - FANZA