作品公開先

BOOTH

DiGiket.com

DLsite

FANZA

グッズ関連

グッズレビュー(筆者のブログ)

NLS

ここ以外の居場所

FANBOX

Do it!(PCなど非R-18な活動全般)

ドラゴンクエストビルダーズ2 エッチなほんとか作れるか? はい

Microsoft Solitaire Collection Events

Youtube

体育倉庫は精液の香り (ゲイ小説 作品)

CoverImage

体育倉庫は精液の香り - BOOTH


体育倉庫は精液の香り - DiGiket.com


体育倉庫は精液の香り - DLsite


体育倉庫は精液の香り - FANZA



この作品は、『先生と教え子教育実習生 シリーズ』に属する作品です。


 今どき流行らない教育実習なんてものをお願いしたのはあの先生、体育倉庫で僕を何度も何度も犯し開発してきた星降先生に再会するため。

 同じ学校、変わらない体育倉庫、6年もの期間を空けても配置すら変わっていない体育マット。

 お互いに張り切って臨んだ再会セックスはあっけなく両者暴発となってしまう。


 当然、2回戦に突入でしょ、と思う僕に、先生は『精力剤を仕込んでくる』と中座。

 ちょっぴり歳を感じて寂しさを覚えながら、2人分の精液に塗れた身体で待ちぼうけをしていた。


 大量の精液が特有の芳香を放ち続け、その匂いは倉庫中に充満し、ボロい倉庫の隙間から漏れ出していく。

 その特異な匂いに誘き寄せられて、倉庫のドアを開けたのはまだオナニーもしたことが無いという射精未経験の巨漢生徒だった。

 オナニーより先にアナルセックスで筆おろしをさせてやると、その生徒は未経験仲間を連れてやってきて、僕はいきなり童貞切り専門の特定保健用教育実習生になってしまうのだった。




ドラゴンクエストビルダーズ2のシステムを使用して、この作品で舞台となる体育倉庫周辺を再現してみました。

ドラクエならではのデフォルメやドラクエの世界観に引きずられたところも多々ありますし、作者の技術不足もあって再現度が必ずしも高いとは言えませんが、こんな感じの体育倉庫をイメージしていたんだよというのが少しでも伝われば、と思います。

なお、再現ページは筆者のDQB2サイトの方に掲載しております。この下のリンクからどうぞ。

体育倉庫 (DQB2状況再現)


■ 章構成 ■

体育倉庫は襲われる場所

先生、あれから食ってないんすか

やっぱり僕は食われたい

あの匂いが未精通を誘き寄せる

オナニーより先にアナルセックスを

新旧精液ニアミス入れ違い

童貞ならヤらせてくれるって噂

超ロング包茎チンカスin

初物2連食い

は盛大な仕掛け

終業修了輪姦パーティ

ウケはヤられ過ぎてドSに変わるだろう

体育倉庫は精液の香り

固定サンプル画像1
固定サンプル画像2
固定サンプル画像3
固定サンプル画像4
固定サンプル画像5
固定サンプル画像6

全13章構成で、文字数約56K、A6文庫サイズのPDFで217ページとなっております。

体育倉庫は精液の香り」は以下のサイトにて公開中です。以下のリンクから直接、作品ページに行けます。

体育倉庫は精液の香り - BOOTH


体育倉庫は精液の香り - DiGiket.com


体育倉庫は精液の香り - DLsite


体育倉庫は精液の香り - FANZA


各サイト特有の差異や注意点などは「雑記・運用等」の各記事をご参照ください。

以下のサイトでも体験版がご覧になれます

体育倉庫は精液の香り (体験版) - pixiv

体育倉庫は精液の香り - HTML体験版

追加サンプル画像 (ランダム抽出。たまに更新)

ランダムサンプル画像1
ランダムサンプル画像2
ランダムサンプル画像3
ランダムサンプル画像4
ランダムサンプル画像5

追加サンプルフレーズ (ランダム抽出。たまに更新)


 イッているときに好きな人の顔を見られるということは僕にとって至福なことであって、また、イッているときに見ているその顔がさらに好きになる、という幸循環(お、何だ新語か?)が完成するのだ。

第4章「あの匂いが未精通を誘き寄せる」62ページより


 セックスの快感は気持ち悪さと紙一重のところにあるものも多い。
 普段は気持ち悪いとしか思わない蒸れ蒸れぐっちょんぐっちょんの汁塗れも、性的興奮の最中では燃え上がる材料の一つになったりする。

第3章「やっぱり僕は食われたい」48ページより


 6年、間を置いても配置すら変わっていなかったあのセックス専用体育マットの存在がそれを克明に物語っている。

第7章「童貞ならヤらせてくれるって噂」119ページより


 ジッパーを下ろしきってから、ようやくボタンに手を掛けるのが先生の流儀。
 ジッパーを開いただけでも、具がはみ出そうな感じにジャージの布が左右に離れていくから、ボタンを外した瞬間にも、雪崩が起きる。

第3章「やっぱり僕は食われたい」46ページより


 先生は僕が下を脱ぐまで待っていた。
 同時に脱がないのは、『アレ』をするからだ。
 下を脱いで、マットに座り込んだ僕の目の前に先生が仁王立ち。

第3章「やっぱり僕は食われたい」43ページより


 たかだか数日しか居ない教育実習生の僕にお願いごとがあるなんて、しかも、昨日の今日の大田原のお願いなんて、アレ以外あり得ないわけで。

第7章「童貞ならヤらせてくれるって噂」121ページより

この記事のタグ

連続絶頂

尻イキ

中出し

先走り

チンカス

複数プレイ/3P~

輪姦

視姦/観察

強制

絶倫/性豪

初体験

手ほどき

中学生

大学生

中年

教師

学園/授業/部活

同級生

親友

ガチムチ

筋肉

長身

低身長

巨根

短小

太短い

包茎/皮余り

猪/豚

ゴリラ

ほのぼの

育成

[記事作成日: 2020-09-16] ※サンプルのみの更新や誤記訂正等は含みません