作品公開先

BOOTH

pixiv FANBOX

DiGiket.com

DiGiket.com Android Store

DLsite

FANZA

楽天Kobo

グッズ関連

グッズレビュー(筆者のブログ)

NLS

ここ以外の居場所

Do it!(非R-18な活動全般)

ドラゴンクエストビルダーズ2 エッチなほんとか作れるか? はい

Microsoft Solitaire Collection Events(更新停止中)

Youtube

pixiv

機械線蟲 -Nanotechnology- (ゲイ小説 作品)

CoverImage

機械線蟲 -Nanotechnology- - BOOTH


機械線蟲 -Nanotechnology- - DiGiket.com


機械線蟲 -Nanotechnology- - DiGiket.com Android Store


機械線蟲 -Nanotechnology- - DLsite


機械線蟲 -Nanotechnology- - FANZA



この作品は、『G博士の研究精果 シリーズ』に属する作品です。


 依頼や仕事ばかりでなく、趣味としても研究をすることがあるG博士。

 そんなG博士が趣味で機械線蟲を作り上げた。

 趣味とはいえ、最先端の技術を惜しみなく注入した多機能な自律型半軟体小型ロボットである。


 やたらと細長い、ミミズの親分のような形のこのロボットで、G博士はいったいどんなことをするつもりなのか。

 G博士は完成した機械線蟲をこっそりと群星だけに見せ、蔵木には隠したままで突発ドッキリ実験を敢行した。


 性的な実験を拘束された状態で行われる『人体実験牢』で、重厚な拘束椅子に一人括り付けられた蔵木の豪勢な裸体に突然、機械線蟲が落とされる。


■ 章構成 ■

趣味で作り上げた

機械線蟲で

尿道侵略して

前立腺を内側から

責め立てる!?

固定サンプル画像1
固定サンプル画像2
固定サンプル画像3
固定サンプル画像4

全5章構成で、文字数約31K、A6文庫サイズのPDFで110ページとなっております。

機械線蟲 -Nanotechnology-」は以下のサイトにて公開中です。以下のリンクから直接、作品ページに行けます。

機械線蟲 -Nanotechnology- - BOOTH


機械線蟲 -Nanotechnology- - DiGiket.com


機械線蟲 -Nanotechnology- - DiGiket.com Android Store


機械線蟲 -Nanotechnology- - DLsite


機械線蟲 -Nanotechnology- - FANZA


各サイト特有の差異や注意点などは「雑記・運用等」の各記事をご参照ください。

以下のサイトでも体験版がご覧になれます

機械線蟲 -Nanotechnology- (体験版) - pixiv

追加サンプル画像 (ランダム抽出。たまに更新)

ランダムサンプル画像1
ランダムサンプル画像2
ランダムサンプル画像3

追加サンプルフレーズ (ランダム抽出。たまに更新)


 G博士の手のひらには、ミミズのような線蟲がうにゅうにゅとうねっており、手のひらには収まりきらずにG博士の袖の中にまで繋がって伸びている。
 群星は一瞬にして15cmほど顔を引いた。

第1章「趣味で作り上げた」12ページより


「あの部屋に向かおうとするだけで、つい、ね、勃起しそうになっちゃうんです」
 トラウマでEDになるどころか、あれほどの目に遭っても、いやむしろあれほどの目に遭ったからこそなのか、ともかく、勃起しそうになるとか強者もいいところである。

第1章「趣味で作り上げた」18ページより


「お、おおお、キタ! 来たあ! もっと来い、もっと濃い! 全力で掛かってコイやあー!!」
 どっちが攻めているんだか分からなくなるくらい、蔵木は堂々と姿勢を正して、拘束されてほとんど動かせないはずの両足もどんとぶっとく構えている。

第5章「責め立てる!?」102ページより


「うわあ、嫌だなあ、グロいなあ、キモいなあ」
 などと、怪談噺でもしているみたいな感想を呟いていた蔵木は、管巻き付く機械線蟲の動きを凝視し続けながらも、明確に身体の一部分を変化させ始めていた。

第3章「尿道侵略して」44ページより

この記事のタグ

先走り

視姦/観察

尿道

ロボット

触手

拘束

無理矢理

拷問

初体験

仕事

研究

ガチムチ

筋肉

巨根

絶倫/性豪

青年

SF

[記事作成日: 2020-07-31] ※サンプルのみの更新や誤記訂正等は含みません