作品公開先

BOOTH

pixiv FANBOX

DiGiket.com

DiGiket.com Android Store

DLsite

FANZA

楽天Kobo

グッズ関連

グッズレビュー(筆者のブログ)

NLS

ここ以外の居場所

Do it!(非R-18な活動全般)

Youtube

pixiv

Twitter

過敏性超早漏症候群 (ゲイ小説 作品)

CoverImage

過敏性超早漏症候群 - BOOTH


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com Android Store


過敏性超早漏症候群 - DLsite


過敏性超早漏症候群 - FANZA



この作品は、『読み切り作品(バック本番なし)』に属する作品です。


 小さな過疎島で唯一の若者である真べえは来春、島を出ることになっている。

 そんな、新たな世界に思いを馳せる真べえの目下の悩みは『早漏』だった。


 島に適齢の相手が居ない真べえは、島を出たら『オナゴ』とデキる、と、大きな期待にあそこを膨らませてもいたが、それ以前に、今のままではまともに『オナゴ』とデキない自分に悩み、切羽詰まっていよいよ、歳が一番近く、島に一つきりの診療所を営んでいた俺を、島で唯一この手の相談ができる相手として頼ってきたのだった。


 真べえを『美味しそう』という目で見る俺に突然舞い込んだ、若人の性のお悩み相談。

 俺の頭に『お医者さんごっこ』のイメージが大手を振って横切っていく。

 しかし、真べえの『早漏』はごっこで済ませるには少しばかり重症だった。


 触れるとほぼ同時に暴発し、俺の顔も含めてあらゆるところに飛び散らかす暴君。

 ド派手な射精を繰り返しながらも、焦り慌てるばかりで気持ち良さをあまり分かっていなかった真べえ。

 俺は『早漏』そのものよりも、気持ち良さをちゃんと知らない真べえを勿体無く思い、早漏改善の手助けを買って出た。


 島を出るその前日まで、一日も欠かさなかった真べえの診療所通い。

 毎日4,5発の積み重ねはやがて、1,000を超え、そして最終日、遂に俺も一線を……。


■ 章構成 ■

オレの病名って何?

三発シゴいて二発暴発

1,000を超えて

固定サンプル画像1
固定サンプル画像2
固定サンプル画像3
固定サンプル画像4

全3章構成で、文字数約36K、A6文庫サイズのPDFで132ページとなっております。

過敏性超早漏症候群」は以下のサイトにて公開中です。以下のリンクから直接、作品ページに行けます。

過敏性超早漏症候群 - BOOTH


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com Android Store


過敏性超早漏症候群 - DLsite


過敏性超早漏症候群 - FANZA


各サイト特有の差異や注意点などは「雑記・運用等」の各記事をご参照ください。

以下のサイトでも体験版がご覧になれます

過敏性超早漏症候群 (体験版) - pixiv

追加サンプル画像 (ランダム抽出。たまに更新)

ランダムサンプル画像1
ランダムサンプル画像2
ランダムサンプル画像3
ランダムサンプル画像4

追加サンプルフレーズ (ランダム抽出。たまに更新)


 俺が聞き返す前に、真べえは慌てて勝手に弁解を始めていた。
「ほ、ほらっ、せっかくコンドーム付けたり、多少のシゴキには耐えられるようになっても、その手前のキスとかで暴発しちゃったらダメじゃん?」

第3章「1,000を超えて」112ページより


「まぁ、これだけ頑張ったとしても、良い『オナゴ』が見つかるかどうかはまた別問題だからな」
 俺もまたこんなタイミングで真べえの気分を害させるようなことを言うなんて、本当にいくつになっても自分の立場を弁えられない我儘で嫉妬深い男だよ。

第3章「1,000を超えて」126ページより


 見ていて、なんだか、俺は無性に真べえをしゃぶりたくなった。
 ゴムなんかに出さなくて良いから、俺にしゃぶらせろ!
 こんな、面白いように射精してくれる奴、しかも、『美味しい』奴、しゃぶったら絶対に楽しいだろ。

第2章「三発シゴいて二発暴発」82ページより


 もう俺、完全に手が真べえに馴染んじゃってさ、自分がオナニーするときにすっげー違和感あんのよ。
 あれ? いつも握っているのと具合が違う、って。
 つまりは、俺にとって真べえのちんぽは自分のちんぽ以上に馴染み深いものになってしまった、ということなのだろう。

第3章「1,000を超えて」110ページより


 そして、目の前の真べえが照れ隠しに怒りながらも今だに勃起を続けていることがそんな俺を後押ししてくる。
 冷静に落ち着いて考えるべきなのかもしれないが、真べえの熱気のせいで、真べえの精液のもの凄い臭いのせいで、なんだか俺も歯止めが利かなかった。

第1章「オレの病名って何?」37ページより

この記事のタグ

手コキ

フェラ

ぶっかけ/塗りたくり

飲精/ごっくん

連続絶頂

初体験

手ほどき

デブ

むちむち

ガチムチ

筋肉

短髪

絶倫/性豪

高校生

少年

ほのぼの

育成

[記事作成日: 2019-06-18] ※サンプルのみの更新や誤記訂正等は含みません