作品公開先

BOOTH

pixiv FANBOX

DiGiket.com

DiGiket.com Android Store

DLsite

FANZA

楽天Kobo

グッズ関連

グッズレビュー(筆者のブログ)

NLS

ここ以外の居場所

Do it!(非R-18な活動全般)

ドラゴンクエストビルダーズ2 エッチなほんとか作れるか? はい

Microsoft Solitaire Collection Events(更新停止中)

Youtube

pixiv

Twitter

過敏性超早漏症候群 (ゲイ小説 作品)

CoverImage

過敏性超早漏症候群 - BOOTH


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com Android Store


過敏性超早漏症候群 - DLsite


過敏性超早漏症候群 - FANZA



この作品は、『読み切り作品(バック本番なし)』に属する作品です。


 小さな過疎島で唯一の若者である真べえは来春、島を出ることになっている。

 そんな、新たな世界に思いを馳せる真べえの目下の悩みは『早漏』だった。


 島に適齢の相手が居ない真べえは、島を出たら『オナゴ』とデキる、と、大きな期待にあそこを膨らませてもいたが、それ以前に、今のままではまともに『オナゴ』とデキない自分に悩み、切羽詰まっていよいよ、歳が一番近く、島に一つきりの診療所を営んでいた俺を、島で唯一この手の相談ができる相手として頼ってきたのだった。


 真べえを『美味しそう』という目で見る俺に突然舞い込んだ、若人の性のお悩み相談。

 俺の頭に『お医者さんごっこ』のイメージが大手を振って横切っていく。

 しかし、真べえの『早漏』はごっこで済ませるには少しばかり重症だった。


 触れるとほぼ同時に暴発し、俺の顔も含めてあらゆるところに飛び散らかす暴君。

 ド派手な射精を繰り返しながらも、焦り慌てるばかりで気持ち良さをあまり分かっていなかった真べえ。

 俺は『早漏』そのものよりも、気持ち良さをちゃんと知らない真べえを勿体無く思い、早漏改善の手助けを買って出た。


 島を出るその前日まで、一日も欠かさなかった真べえの診療所通い。

 毎日4,5発の積み重ねはやがて、1,000を超え、そして最終日、遂に俺も一線を……。


■ 章構成 ■

オレの病名って何?

三発シゴいて二発暴発

1,000を超えて

固定サンプル画像1
固定サンプル画像2
固定サンプル画像3
固定サンプル画像4

全3章構成で、文字数約36K、A6文庫サイズのPDFで132ページとなっております。

過敏性超早漏症候群」は以下のサイトにて公開中です。以下のリンクから直接、作品ページに行けます。

過敏性超早漏症候群 - BOOTH


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com


過敏性超早漏症候群 - DiGiket.com Android Store


過敏性超早漏症候群 - DLsite


過敏性超早漏症候群 - FANZA


各サイト特有の差異や注意点などは「雑記・運用等」の各記事をご参照ください。

以下のサイトでも体験版がご覧になれます

過敏性超早漏症候群 (体験版) - pixiv

追加サンプル画像 (ランダム抽出。たまに更新)

ランダムサンプル画像1
ランダムサンプル画像2
ランダムサンプル画像3
ランダムサンプル画像4

追加サンプルフレーズ (ランダム抽出。たまに更新)


「うわああっ!」
「うわっぷっ!」
 いきなり目の前に白い物がカメレオンの舌ように素早く伸びてきて、俺は思わず顔を引きながら目を瞑(つむ)った。

第1章「オレの病名って何?」32ページより


 イクたびにややフニャるが、またすぐにパンパンになる真べえの元気なちんぽ。
 暴発しなくなった今では早さよりも元気さの方が際立つ。

第3章「1,000を超えて」121ページより


「だから、コンドーム被せられるようになる練習も必要かと思って用意したんだけど? それに、実際に『オナゴ』とデキるようになるときにはコンドーム付けることになるんだろ? だったら、コンドームを付けた状態で持たせる練習ってのも必要になるんじゃないのかね? 真べえくん?」

第2章「三発シゴいて二発暴発」72ページより


 どうやったらこんなに太くなるんだろう、と不思議になるくらい特に縦にぶっとい真べえの太腿を優しく、しかし、ねっとりと吸い付くように愛撫する。
 この数ヶ月、ちんぽだけは毎日欠かさずシゴイてきたが、こんなにすぐ傍にある魅惑の肉体に、真べえの本体に触れることはできなかった。
 俺はついつい、真べえの気持ちを他所に、いつまでも触れていられたら良いのに、なんて真べえに迷惑な願望を抱いてしまう。

第3章「1,000を超えて」120ページより


 俺はあまり興味無さそうな生返事をわざと返しながら、自勃ち棒を見詰める真べえの顔へと焦点を移した。
 真べえをシゴク俺と見詰め合っているかのような際どい視線になるが、接近していながらも交差も衝突もしない平行線。
 俺はシゴカれる真べえをシゴキながら視姦し放題!

第2章「三発シゴいて二発暴発」85ページより

この記事のタグ

手コキ

フェラ

ぶっかけ/塗りたくり

飲精/ごっくん

連続絶頂

初体験

手ほどき

デブ

むちむち

ガチムチ

筋肉

短髪

絶倫/性豪

高校生

少年

ほのぼの

育成

[記事作成日: 2019-06-18] ※サンプルのみの更新や誤記訂正等は含みません