作品公開先

BOOTH

DiGiket.com

DLsite

FANZA

グッズ関連

グッズレビュー(筆者のブログ)

NLS

ここ以外の居場所

pixiv FANBOX

pixiv

Do it!(PCなど非R-18な活動全般)

ドラゴンクエストビルダーズ2 エッチなほんとか作れるか? はい

Microsoft Solitaire Collection Events

Youtube

地下牢で処刑を待つ日々 (ゲイ小説 作品)

CoverImage

地下牢で処刑を待つ日々 - BOOTH


地下牢で処刑を待つ日々 - DiGiket.com


地下牢で処刑を待つ日々 - DLsite


地下牢で処刑を待つ日々 - FANZA



この作品は、『筋肉デブ万道 シリーズ』に属する作品です。


この作品は、『伝説の白熊 シリーズ』に属する作品です。

※ストーリーそのものは完全に単独のものとなっておりますので、他の作品を知らなくてもお楽しみいただけます。

※残虐要素はありません。


 軍隊壊滅の危機を救おうと一人生命を擲(なげう)って投降した聖騎士イヌカイは身包みを全て剥がされ全裸で地下牢に閉じ込められた。

 処分の決定を待つ間、交代する看守の中に、イヌカイにちょっかいを出す元黒騎士の男がいた。

 男はイヌカイが性的にも不自由を強いられる国の民であることを知りながら、いやらしい笑みでイヌカイに意地悪な性的尋問を繰り返した。


 容赦なく性的快感の素晴らしさをガンガン叩き込んでくる男に屈して登り詰めてしまうイヌカイは、そこで初めて性の悦びを知り、生への未練を覚えた。

 皮肉なことに、雁字搦(がら)めの息苦しい国で自分の人生を歩むことができなかったイヌカイは、他国に捕らわれて母国から隔離されることで逆に解放されて、初めて、自分の人生を自分のものとすることができたのだ。


 しかし、それもこれも、処刑されるまでの生命。

 イヌカイは人生の最後の最後にして偶然掴むことのできた自由に、何も知らずに諦めて死ぬよりも、素晴らしいことをもっと知ってより大きな未練を残して死ぬ方が幸せなんだ、と考え、男との濃厚な性のまぐわいを真剣に熟(こな)していくのだった。




2020-08-24:追記

ドラゴンクエストビルダーズ2のシステムを使用して、この作品でイヌカイが投獄された地下牢を再現してみました。

ドラクエならではのデフォルメやドラクエの世界観に引きずられたところも多々ありますし、作者の技術不足もあって再現度が必ずしも高いとは言えませんが、こんな感じの地下牢をイメージしていたんだよというのが少しでも伝われば、と思います。

なお、再現ページは筆者のDQB2サイトの方に掲載しております。この下のリンクからどうぞ。

エッチな地下牢 (DQB2状況再現)


■ 章構成 ■

地下牢に閉じ込められるとき

男に男根を弄られるとき

男の口に責められるとき

男の尻を攻めるとき

男を待ちわびるとき

男に抱かれるとき

抱き合う最後のとき

地下牢を後にするとき

固定サンプル画像1
固定サンプル画像2
固定サンプル画像3
固定サンプル画像4
固定サンプル画像5

全8章構成で、文字数約45K、A6文庫サイズのPDFで167ページとなっております。

地下牢で処刑を待つ日々」は以下のサイトにて公開中です。以下のリンクから直接、作品ページに行けます。

地下牢で処刑を待つ日々 - BOOTH


地下牢で処刑を待つ日々 - DiGiket.com


地下牢で処刑を待つ日々 - DLsite


地下牢で処刑を待つ日々 - FANZA


各サイト特有の差異や注意点などは「雑記・運用等」の各記事をご参照ください。

以下のサイトでも体験版がご覧になれます

地下牢で処刑を待つ日々 (体験版) - pixiv

追加サンプル画像 (ランダム抽出。たまに更新)

ランダムサンプル画像1
ランダムサンプル画像2
ランダムサンプル画像3
ランダムサンプル画像4

追加サンプルフレーズ (ランダム抽出。たまに更新)


 特に声を出そうしていないのに声帯が震えてしまって、イヌカイは口を閉じたまま裏声にしては低く潰れたハミングを奏でだす。
 それはまるで、潰れた管を無理やり開いて通り過ぎる男の男根によって勝手に押し出されてしまったもののようであった。

第6章「男に抱かれるとき」129ページより


 そのせいかどうか分からないが、まだ『朝勃ち』の残るやや勃起状態のイヌカイは、その見事な体格を便座の上に鎮座させると、便器の内側に収めるべきほんのり勃起が便座から余って外へとはみ出てしまい、慌てて、見詰めている男から隠すように便座の内側へと押し込んで、結局はさらに恥ずかしい思いをすることになってしまったのだった。

第2章「男に男根を弄られるとき」32ページより


 二人はしっとりとキスをした。
 ……のだが、バンドウを突付く指、いや、指にしては随分と太くて、硬くて、先端だけはやたらと丸みと柔軟性を持つものが邪魔をする。
 バンドウはそっとイヌカイから唇を離し、下を覗き込んでみた。
 イヌカイの別人格が『俺の相手もしろよ』とバンドウを睨み付けていた。

第8章「地下牢を後にするとき」161ページより


 だが、これほど性感が渦巻いている今の現状で、視覚を閉ざしてしまったことは愚策だった。
 イヌカイの感覚全てが性感快感で満たされ、支配されてしまったのだ。
 イヌカイの理性は思わぬ失敗の結果に慌てる。

第2章「男に男根を弄られるとき」41ページより


 圧倒させられるような大きさの甲冑を全て剥ぎ取られ、隠し布一つすら残されなかったイヌカイの裸体はしかし、それでもまだ豪奢だった。
 分厚い筋肉の上を、実力を隠すかのように覆い尽くす白い贅肉のオーラは、いまだに甲冑を身に纏った聖騎士、ホワイトナイトのそれだった。

第1章「地下牢に閉じ込められるとき」10ページより

この記事のタグ

連続絶頂

尻イキ

中出し

飲精/ごっくん

寸止め

フェラ

手コキ

亀頭責め

乳首/乳責め

視姦/観察

処刑/仕置

拘束

絶倫/性豪

初体験

青年

デブ

ガチムチ

筋肉

巨根

色白

地黒

ひげ/髭/鬚/髯

短髪

体毛薄

毛深い

背中毛

シリアス

ファンタジー

[記事作成日: 2019-05-14] [内容更新日: 2020-08-24] ※サンプルのみの更新や誤記訂正等は含みません