作品公開先

BOOTH

pixiv FANBOX

DiGiket.com

DiGiket.com Android Store

DLsite

FANZA

楽天Kobo

グッズ関連

グッズレビュー(筆者のブログ)

NLS

ここ以外の居場所

Do it!(非R-18な活動全般)

Youtube

pixiv

Twitter

DNA Hacker (ゲイ小説 作品)

CoverImage

DNA Hacker - BOOTH


DNA Hacker - DiGiket.com


DNA Hacker - DiGiket.com Android Store


DNA Hacker - DLsite


DNA Hacker - FANZA



この作品は、『G博士の研究精果 シリーズ』に属する作品です。


 国をも陥れようと暗躍するDNAクラッカー。

 それに対抗し、阻止しようとするDNAハッカー(ホワイトハッカー)集団は二人の男(ヒーロー)に奇跡と希望を見た。


 一人は超人的な記録が元で全世界から生命を狙われ、幽閉されるまでに至った先天性リアルスーパーマン、群星光矢。

 そしてもう一人が、DNAハックを受けて強力かつ俊敏な肉体を構築することに成功した後天性リアルスーパーマン、蔵木宏彰である。

 超人幽閉で出会い、精巣ドーピングで絆を深めた二人が偶然にも、受精を利用したDNAハッキングによる後天的進化の可能性を大きく開かせた初めての人類となった。


 『テレゴニー』、『遺伝子の水平伝播』、『腸からの精液吸収』。

 これらの説や現象の組み合わせを具現化する蔵木は、変化してゆく己の身体に様々な不安と葛藤、そしてエロスも感じながら、男性が受精をする意味を大きく変化させ進化させた。

 そして、その具現化を群星と彼の精液が大きく後押しする。


 ある意味で、妊娠を超えることにもなる『男の受精』。

 人類はこれから、世代交代を待たずに進化できる可能性を広げていくのかもしれない。


■ 章構成 ■

悪意のウイルス、あるいはそれ未満の微粒子

G博士の心配事

蔵木の苦悩

テレゴニー

DNAハッカー

蔵木の戸惑い

男性が受精をする意味

ハックする精子、ブーストする精液

強化DNAの主

ミルフィーユブリーディング

受精痛、成長痛

クラッキング物質を盗み出せ

血眼の脱出劇

誓い成遂の後

固定サンプル画像1
固定サンプル画像2
固定サンプル画像3
固定サンプル画像4
固定サンプル画像5
固定サンプル画像6

全14章構成で、文字数約95K、A6文庫サイズのPDFで332ページとなっております。

DNA Hacker」は以下のサイトにて公開中です。以下のリンクから直接、作品ページに行けます。

DNA Hacker - BOOTH


DNA Hacker - DiGiket.com


DNA Hacker - DiGiket.com Android Store


DNA Hacker - DLsite


DNA Hacker - FANZA


各サイト特有の差異や注意点などは「雑記・運用等」の各記事をご参照ください。

以下のサイトでも体験版がご覧になれます

DNA Hacker (体験版) - pixiv

追加サンプル画像 (ランダム抽出。たまに更新)

ランダムサンプル画像1
ランダムサンプル画像2
ランダムサンプル画像3
ランダムサンプル画像4
ランダムサンプル画像5
ランダムサンプル画像6
ランダムサンプル画像7
ランダムサンプル画像8

追加サンプルフレーズ (ランダム抽出。たまに更新)


 出口のドアを僅かに開けたところですぐに、蔵木はDNA強化の成果を遺憾なく発揮して、尋常でないほどにドアハンドルを回転させて破壊し、ドアハンドルを丸ごと引きちぎって放り投げた。

第13章「血眼の脱出劇」295ページより


 穏やかな夜の闇に紛れていくように、静かにゆっくりと、二人の精液、DNAが、蔵木の肉体に溶け込んでいく。

第8章「ハックする精子、ブーストする精液」163ページより


 嵐のように去っていくG博士の後ろ姿をポカーンと眺める二人は、何かを失ったときと同じような感覚に支配されていた。
 ただそれはお互いに微妙に異なるもので、言うなれば群星は童貞を失ったときの感覚に近く、蔵木は処女を失ったときの感覚に近いものであったと言えようか。

第4章「テレゴニー」57ページより


 が、直腸からの粘膜細胞採取が冗談では無かったところだけは蔵木の予測が外れていたところで、蔵木は結局、G博士にその、いぶし銀のように鈍く黒光りする、群星と度々まぐわって良く使い込まれた尻穴を間近に見せつけることになり、そこにぷっすりと綿棒を挿し込まれて直腸壁を刮(こそ)がれてしまうのだった。

第4章「テレゴニー」49ページより


「いや、自分で言うのも何(なん)ですけど、私、射精中に自分の思い通りに動くことなんてできませんもの。それに、そもそもあの射精もほとんど故意にしたようなもんですし」

第14章「誓い成遂の後」320ページより


「あ~、怖かったあぁ~っ。私、高いところ苦手なんですよぉ。もう、お尻はムズムズするし、手足は震えるしで最悪ですよ」

第13章「血眼の脱出劇」302ページより


「我々が侵入者であることを相手方はまだ知らないと思われます。また、人気の少ない方へ逃げるであろうと考えるのが普通ですから、裏口の方が強く警戒されているはずです。今のタイミングで裏から入ろうとしたら、その方が危険です」

第12章「クラッキング物質を盗み出せ」260ページより


 なんでも、聞くところによると、私はトータルで4リットルくらいの精液を急激かつ強制的に作らされたらしい。
 つまり、私はそのときの実験だけで4リットルもの射精をしたことになる。

第6章「蔵木の戸惑い」98ページより


 遺伝、そう、遺伝するから遺伝子と呼ばれているのに、その遺伝子の変化は遺伝だけによるものとは限らないのだ。
 生まれ育った一つの個体の遺伝子が、生まれてから死ぬまで外来による変化を一切受け付けないという保証は無い。

第1章「悪意のウイルス、あるいはそれ未満の微粒子」18ページより

この記事のタグ

連続絶頂

中出し

尻イキ

視姦/観察

複数プレイ/3P~

言葉責め

仕事

生殖

親友

体格差

研究

ガチムチ

筋肉

長身

巨根

巨大金玉

絶倫/性豪

青年

中年

外国人

シリアス

恋愛

三角関係

SF

[記事作成日: 2018-04-18] ※サンプルのみの更新や誤記訂正等は含みません