作品公開先

BOOTH

pixiv FANBOX

DiGiket.com

DiGiket.com Android Store

DLsite

FANZA

楽天Kobo

グッズ関連

グッズレビュー(筆者のブログ)

NLS

ここ以外の居場所

Microsoft Solitaire Collection Events

Do it!(非R-18な活動全般)

Youtube

pixiv

Twitter

黒熊meets伝説の白熊 (ゲイ小説 作品)

CoverImage

黒熊meets伝説の白熊 - BOOTH


黒熊meets伝説の白熊 - DiGiket.com


黒熊meets伝説の白熊 - DiGiket.com Android Store


黒熊meets伝説の白熊 - DLsite


黒熊meets伝説の白熊 - FANZA



この作品は、『筋肉デブ万道 シリーズ』に属する作品です。


この作品は、『伝説の白熊 シリーズ』に属する作品です。


2つのシリーズに属する初の作品です。

それぞれのシリーズの主人公が鉢合わせしました。




 全く接点の無かった二人の熊が引き寄せられるように出会う。

 方や、元性犯罪者の強○魔で、現特殊な性犯罪者の更生指導員をする傍ら、副業として合意強○サービスをも営む黒熊、利根 万道(とね ばんどう)。

 此方、極上の容姿と力も知恵も兼ね備えた完成度の高い男ながら、引き篭もるように山奥で一人きりの半自給自足生活を送るが、たった一回だけ訪れた飲み屋で他客に衝撃を与え、二度と現れないことから本人の知らないところで『伝説の白熊』とまで呼ばれるようになっていた白熊、犬養 耕(いぬかい おさむ)。


 二人は、普段どちらも山奥で生活していたり、熊と形容されたり、容姿も似ているといえなくもない程度には似ていたり、と共通点が多いが、万道は求められていなくても突っ込んでしまう暴走癖が過去にあり、犬養は今だに求められても我慢して引き返してしまう奥手だった。


 しかし、二人の最大の共通点は、どちらも常軌を逸するほどに精力が強い、『性欲の塊』であったことだった。


 巨大な性欲の塊を抱えつつ自分を抑えに抑え、しかし、その限界と破綻に気付きつつある犬養に対して、問題点を見抜いた万道は、『性欲の塊』の先輩もしくは兄として、己の肉体を預けて犬養の性欲を満たしながら、その解決の糸口を犬養に示してあげるのだった。


CoverImage2

 その後犬養が見た淫夢を犬養視点で描く、『白熊が見た淫夢』を加筆として収録。


■ 章構成 ■

伝説の白熊

熊と獣道

黒熊、白熊に遭う

黒熊、白熊を襲う?

あんたは性欲の塊だ!

伝説の抜かず寝落ち

水面下でいちゃつく熊

黒熊の助言

一昨日まで、明日からまた孤独の部屋で

しんどくなったら俺を頼れ!

白熊が見た淫夢

固定サンプル画像1
固定サンプル画像2
固定サンプル画像3
固定サンプル画像4

全11章構成で、文字数約51K、A6文庫サイズのPDFで179ページとなっております。

黒熊meets伝説の白熊」は以下のサイトにて公開中です。以下のリンクから直接、作品ページに行けます。

黒熊meets伝説の白熊 - BOOTH


黒熊meets伝説の白熊 - DiGiket.com


黒熊meets伝説の白熊 - DiGiket.com Android Store


黒熊meets伝説の白熊 - DLsite


黒熊meets伝説の白熊 - FANZA


各サイト特有の差異や注意点などは「雑記・運用等」の各記事をご参照ください。

以下のサイトでも体験版がご覧になれます

黒熊meets伝説の白熊 (体験版) - pixiv

追加サンプル画像 (ランダム抽出。たまに更新)

ランダムサンプル画像1
ランダムサンプル画像2
ランダムサンプル画像3
ランダムサンプル画像4
ランダムサンプル画像5

追加サンプルフレーズ (ランダム抽出。たまに更新)


 あぁ、俺、これ以上無いってくらいに、犯られてるなぁ。
 万道は高窓の窓枠にしがみつきながら、アルバムに残す写真のように記憶を一枚撮る。

第9章「一昨日まで、明日からまた孤独の部屋で」125ページより


「お、おい、このままじゃ布団汚しちまうぞ?」
 と、万道は冷静に心配するが、
「良いんです。実を言うと、俺、この布団で何度も夢精しちゃっているんです。だから、気にしないでください」

第9章「一昨日まで、明日からまた孤独の部屋で」130ページより


 三人はろくに言葉も発さず、吃驚したときのギョロ目と歌舞伎絵のように真横に引っ張った口でお互いにウンウンと頷くばかりだった。

第3章「黒熊、白熊に遭う」40ページより


「あー、分かりづらいか。あー、そうだなぁ、男から見ても男、ってこれでも分からないなぁ。まぁいいや、お下劣な言葉でズバンと言っちゃうぞ?」
「はい」

「性欲が有り余り過ぎてるんだよ。常人の男のレベルじゃない。あんたは、俺と一緒で、性欲の塊だ!」

第5章「あんたは性欲の塊だ!」79ページより


 僅かに広がる自給自足のための菜園とその先には茂る森林の暗闇。夜空には月も出ているのだろうが直接見える位置には無くて、薄暗く斜めに差す冷ややかな月光の向こうに星がいくつも見える。
 もし、ここに、目の前に窓の存在が無かったら、絶望するくらいの孤独。
 その景色を、犬養はここからずっと独りで見てきた。

第9章「一昨日まで、明日からまた孤独の部屋で」121ページより


「な。ちんぽって気持ち良いけどさ、ちんぽに振り回されちゃうだろ? 俺等。……あ、俺等って一緒にしちゃって良いのか分からねえけどよ」
「いえ、分かります。……同じです」
「でも、そうやって厄介者にしか考えてやれなかったからこそ、ずっと厄介者のままで変わってくれなかった、って側面もあるんだよ」

第8章「黒熊の助言」110ページより

この記事のタグ

フェラ

連続絶頂

中出し

尻イキ

乳首/乳責め

尿道

お願い

デブ

ガチムチ

筋肉

巨根

色白

褐色/日焼け

地黒

短髪

体毛薄

毛深い

背中毛

猪/豚

絶倫/性豪

青年

中年

ほのぼの

[記事作成日: 2017-09-09] ※サンプルのみの更新や誤記訂正等は含みません